新型コロナウィルス感染予防対策(6/1)

   【新型コロナウィルスによる感染予防について

サポートステーションよこて の新しい対策をお知らせ致します。

緊急事態宣言が、5月25日をもって全ての都道府県で解除されました。

 今後は、基本的な感染対策を継続しながら、段階的に活動のレベルを

引き上げていくこととなりました。

 従いまして、サポステよこて の活動につきましては、以下のようになります

ので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

   1 個人面談および新規受付

     期日:6月1日(月)から平常どおり実施

     ただし、①風邪のような症状のある方

         ②2週間以内に県外から戻ってきた方

          あるいは県外から戻ってきた家族のいる方

     につきましては、後日とさせていただきます。

 

    2 各種セミナー

      期間:内容を精査検討して7月から実施

 

                            以 上

 


支援年齢の上限を10歳UP!

 これまでサポートステーションが支援対象とする年齢は

15歳から39歳でしたが、今年度から上限を10歳引き上げ

15歳から49歳までの方を支援できることになりました。

 

 ①これまで、自分に向いた仕事はないと思われていた方

 ②長年、勤めていた職場を離れ、次の仕事が思うように

  見つからない方

 ③仕事がなかなか長く続けられないでお困りの方

 ④仕事の探し方がわからず、困っている方

 ⑤家族の方や自分の健康のことなどもありお困りの方

 

など、職に就こうと希望されている方のあらゆるご相談を

お待ちしています。

 

 

 


新型コロナウィルス感染予防対策(5/19)

  【新型コロナウィルスによる感染予防について】

サポートステーションよこて の新しい対応をお知らせ致します。

国の緊急事態宣言が秋田県を含む39県で解除されたことを受け、

秋田県の緊急事態措置等が終了しました。

 しかしながら、国内では未だ感染の発生は収まっておらず、

新型コロナウィルスが終息したわけではありません。

今後も警戒を緩めることなく、引き続き感染予防の徹底が必要

となっています。

 サポートステーションよこて では、今後の活動を下記のように

致します。大変にご不便をおかけ致しますが、ご理解とご協力の

ほどをお願い申し上げます。

 

    ①新規受付および個人面談は

       ・5月21日(木)から開始します

       ・1日の面談人数は、午前1名、午後2名の計3名までです

       ・1回の面談時間は40分までです

    ②すべてのセミナーは、当面中止します

    ③出張相談は延期します

     例年、県南の各市町村で行っていました出張相談は、

     7月から開始予定となっています

 

 ※ 利用者のみなさまへお願い

   サポートステーションよこて に来所された際には、次の点について

    スタッフが確認をさせていただきますのでご協力ください。

     ・本人または家族が、2週間以内に県外から戻ってきましたか

     ・発熱や体調不良はありませんか

   ②来所時には、必ずマスクの着用をお願いします

 

以上、ご理解、ご協力のほどをよろしくお願い致します。

 

 

 


新型コロナウィルス感染予防対策(5/6)

  【新型コロナウィルスによる感染予防対策について(延長)】

これまで、全都道府県に発令されていました緊急事態宣言は

5月31日まで25日間延長されることになりました。

秋田県では、休業自粛や学校の休校についいては、7日以降解除される

見通しとなっておりますが、サポートステーションよこて では、

もう少しの間、状況の推移を見極めた上で判断する  ことと

致しました。従いまして、これまでの対策について、さらに延長させて

いただくことにしましたので、ご理解の程をお願い申し上げます。

 

  ①すべてのセミナーの中止

  ②個別面談の中止

  ③新規受付の中止

 

※1 中止期間は、5月20日(水)までとします。

※2 状況に応じ、変更する場合があります。

 

 

 


新型コロナウィルス感染予防対策(4/17)

  【新型コロナウィルスによる感染予防対策について】

新型コロナウィルスによる感染予防のため、これまで個別面談や

セミナーを中止してまいりましたが、感染の勢いは衰えを見せず、

感染者や感染により亡くなられる方が増え続けています。さらに、

16日には、全都道府県に緊急事態宣言が発令されたこと

も踏まえ、サポートステーションよこて では、これまでの対策を

強化・延長することと致しました。

 利用者並びに利用希望の方々には、引き続きご不便とご迷惑を

おかけすることになりますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 ①すべてのセミナーの中止

 ②個別面談の中止

 ③新規受付の中止

 

※1 中止期間は、4月20(月)から5月6日(水)までとします。

※2 状況に応じ、変更する場合があります。

 

 

 


《新年度》新型コロナウィルス対策(お知らせ)

 【新年度 新型コロナウィルスによる感染予防対策について】

新年度4月1日からの対応についてお知らせとお願いです。

新型コロナウィルスによる感染予防のため、3月9日から

3月末までの セミナーおよび個別面談 をすべて中止して

きましたが、未だに感染予防対策を継続、強化しなければ

ならない危険な状態が続いています。

 このようなことから、サポートステーションよこて では

以下の対策を取らせていただきますので、利用者並びに利用

希望の方々には大変にご不便・ご迷惑をおかけ致しますが、

なにとぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

①すべてのセミナーの一時中止

②個別面談(緊急以外)の一時中止

③新規利用者(新規予約など)の一時中止

 

※1 中止期間は、4月1日(水)~4月18日(土)までとします。

※2 状態が変化したり、別途、国からの指示があった場合には、

   その都度対応します。


新型コロナウィルス感染予防(更新)

 新型コロナウィルスによる感染予防について(更新)

サポートステーションよこて の追加対応(更新)をお知らせ致します。

 これまで、3月9日(月)~3月21日(土)までの2週間

個別面談および新規予約を中止してまいりましたが、

依然として新型コロナウィルスによる感染拡大が収束の兆候を

見せていないことから、3月中の再開は断念することと致しました。

利用者の皆様や新たに相談をご希望の方々には大変にご不便をおかけ

致しますが、ご理解とご協力のほどを何卒お願い申し上げます。

 

①セミナーの中止

②個別面談(緊急以外)の中止

③新規利用者(新規予約など)の中止

延期の期間は、3月末まで とします。

 

ただし、新たに状況に変化があった場合には、その都度対応致します。

 

 

 


新型コロナウィルス感染予防について

 新型コロナウィルスによる感染予防について

サポートステーションよこて の対応をお知らせ致します。

これまでの状況を総合しますと、この新型コロナウィルスのやっかいな所は

「微熱」や「せき」などの初期の風邪の症状がまったくない人でも、

陽性反応が出る場合がある、ということです。自分ではまったく知らないうちに

自覚症状のないまま他者が感染してしまう心配があります。

手洗い や うがい、マスク着用 等による予防策の徹底はもちろんですが、

現段階で、感染リスクを最大限に下げる手立てとして、サポステよこて の活動

を下記のように致します。

大変にご不便をおかけ致しますが、ご理解とご協力のほどを何卒お願い申し上げます。

 

①セミナーの中止

②個別面談(緊急以外)の延期

③新規利用者(新規予約など)の延期

 

延期の期間は、3月9日(月)~3月21日(土)の2週間とします。

ただし、新たに状況に変化があった場合には、その都度対応致します。

 

 


第3回企業懇談会の報告

毎年、企業経営のトップの任に当たられている方々をお招きして開催している<企業懇談会>

も第3回となりました。今回は、これまでに話し合われた1回目、2回目を基にしながら、

将来の秋田を担う若い人材をどう確保し、またどのように育成していくのかについて、

【企業における人材確保の手法とサポステの果たす役割】をテーマに、企業を代表して出席いただいた方々から話を伺いました。

 

<第3回 企業懇談会>

主  催: 秋田県南若者サポートステーションよこて

実施日時: 令和元年10月16日(水)
         午後2時~4時

実施場所: 秋田県立近代美術館 6階研修室

参加企業: 横手市、大仙市の各企業10社

ファシリテーター:(株)あきた総研 代表取締役 須田紘彬 様

テーマ:「企業における人材確保の手法とサポステの果たす役割」

 

【話題としたポイント】

        A 企業における人手不足について

        B 無業者の雇用とサポステへの期待

 

【企業の代表者からのご意見や提供された話題(抜粋)】

A-①若手の応募や離職状況について

  ア.いくつかの企業では、若手あるいは学卒者の応募が少なく、また中途採用にも

    困難な面のあることが課題となっている。

  イ.若手の離職が目立ってきていることに危機感を抱いている。

  ウ.仕事上必要とされる有資格者の確保が困難な状況だ。

  エ.人手不足のために省力化を進めると、職場内でのコミュニケーション不足に

    つながってしまう。

などの感想、意見が出され、若い人材をどのように引き寄せ、社内で育成しようと

しているのかを知ることができました。

 

A-②人手不足に対処する工夫について

  ア.県で行っているAターンフェアに参加するなど、県外から人を呼ぶことで

    企業を守っていきたい。

  イ.キャリアアップ・ステップアップができる社内体制や各種休暇制度

    および研修制度を検討・実施中。

  ウ.学卒者向けの企業説明会に参加するだけではなく、出前講座で学校に出向き、

    製品を持ち込んでPRしている。

  エ.女性が活躍する姿をアピールしたり、将来を担う子供たちと一緒にやれる

    ことはなにかを模索することで、地域に深く根差し貢献する企業としての

    姿勢を見せたい。

  オ.社員間とくに上司、部下の間のコミュニケーションの雰囲気をつくるよう

    に努力している。

などのお話がありました。どの企業も社外に対する企業の効果的PRに注力しつつ、

社内にあっては、勤務体制の整備やステップアップにつながる研修制度の構築と

実施に取り組み、若者が魅力ある企業として選択し、かつ人材として定着できる

ように様々な工夫を凝らしていることがわかりました。

 

B-①職場環境の整備について

  ア.社員がみんなで助け合いサポートし合う形ができあがっている。

  イ.利用しやすい休暇制度をつくるなど、様々な要望に対応している。

  ウ.福利厚生に力を入れている。

  エ.本人のバックグランドをきちんと理解し、作業を分解して仕事ができる

    ように、教育する人のスキルを重視している。

  オ.社内での理解を得るために、サポステや支援を受けている方々の

    事前のPRがもっと必要ではないか。

 

などの報告や意見が出されました。

 多様な人材がその能力を生かして、多様な内容と時間で働くことができ

るように、サポートステーションとして、さらに企業に働きかけていきた

いと考えています。

 

B-②サポステに対する期待

  ア.サポステも支援者側として、企業が必ずしも見抜けないところや

    対応が困難なケースに寄り添った体制が欲しい。

  イ.就職後の支援の形が見えず、活動内容が企業に伝わっていない。

  ウ.就職決定をスタートラインに位置付けるための概念を取り入れる

    べきだ。

 

 就職に向けた活動の中に、事前に企業に対し伝えておくべき情報の

共有化を進めるための具体的な実行策を早急に検討していきたいと

考えます。

 

【まとめ】

 懇談会に初めて参加した企業が半数近くあり、主催者として、事前の

事業および実績説明をするべきでした。

 いただいたご意見や感想を参考にして、就職が決まってからのフォロー

の具体的な内容について、企業に知っていただくとともに、事業内容の

さらなる周知と理解・協力をいただけるように改善して参ります。

 この懇談会は、様々な業種や規模の企業主が一堂に会し、懇談を通して

互いの情報を交換し、自社にはない他社の取り組みを参考にできる貴重な

場であり、それらの一つ一つはサポステが今後の支援事業を展開する上で

重要なヒントとなり得るものと考えています。

 この会の開催に尽力いただきました、ファシリテーターの須田様、

ならびに県立近代美術館、横手市、そして、なによりも大変にお忙しい中

貴重な時間を工面して参加の英断をしてくださった企業代表の方々に深甚

なる感謝の意を表します。

 

 

令和2年1月 センター長 草薙正哉

 

 

 


新年を迎えてのご挨拶

 令和元年もあとわずかになりました

1年間 大変にお世話になりまして ありがとうございました

様々なことがありましたが 新しい年 令和2年が皆様にとりまして

すばらしい輝ける年になりますよう

スタッフ一同 心から祈念しています

サポートステーションよこて は

12月29日(日)~1月3日(金)年末年始の休み

1月4日(土)は、振替休日(1月29日(水)業務日)

となり、1月6日(月)からの業務開始 です

来年もよろしくお願い申し上げます

 

      サポートステーションよこて スタッフ一同